Wer’s glaubt, wird selig 

バイエルン州の小さな村を舞台にした地方映画

 

直訳は「信じる者は神の恵みを受ける」。バイエルン州で数々の映画を撮っている

マルクス H. ローゼンミュラー(Marcus H. Rosenmüller)監督の最新作がDVDとして登場!

 

かつてはスキーで有名だったホラーバッハ(Hollerbach)も今では観光客を

寄せ付けない廃れた村。仕事も夫婦関係もうまくいっていないゲオルグ

悩んでいた。そんな時に毎日欠かさず神に祈っている姑が十字架に頭を打ち、

亡くなる。そこでゲオルグはあることをひらめく。

「この信仰深い姑を聖人にして村を一気に有名にしよう!」

 

ドイツ人でも考えられないことに挑戦するゲオルグとその仲間たち(村を愛する警官、

教師、食料品店店主、義妹など)の行動は無理があるが、おもしろい!

ボケ役の教師が変なことを言うともう一人が「お前が先生になれたことが

俺にとっては奇跡だよ。」とののしる。バイエルン州では特に男性の間で

相手をバカにする発言をするが、それは失礼ではなく爆笑につながる。

そんな地方特有のユーモアセンスも学べるこの映画は見どころあり。

 

残念ながらDVDはすべてドイツ語。バイエルン方言と標準ドイツ語を選べる

設定になっている。6歳から観賞可能、難しくない内容のコメディーだから

ドイツ語の勉強にも適しているかも?!

 

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー

Mon

05

Jun

2017

地域のデリカテッセン ハンブルグのラプスカウス

先月、出張でハンブルグに行ってきました。これを機に人生で2回目のラプスカウス(Labskaus)を食べに行きました。

Read More