アルバイトに関する新しい規定

2013年3月20日

 

ミニジョブ(Minijob)はドイツで所得税が課税されないアルバイトのことを指す。主に学生でミニジョブをしている人はごまんといる。企業の正社員でも夜に飲食店でミニジョブをこなし、生活の足しにしているケースがある。

日本では年間103万円以上稼がない限りアルバイトとして課税をする必要はない。ドイツでは月450ユーロ(約55、000円)未満の収入が非課税の条件だ。2012年までは400ユーロだったのが、2013年から450ユーロに上がった。そして1年の雇用期間のうち2か月間は450ユーロ以上稼ぐことが許される。例えば同僚が入院をした際に代理で多めに働けるということだ。

ミニジョバー(Minijobber。ミニジョブをする人。)の存在は企業にとってはありがたい。しかし政府にとってはミニジョバーが正社員と違って、年金に加入していないのが長年の問題だった。それがミニジョブ代の値上がりと共に2013年1月1日から変わったのである。一か月に401ユーロ以上450ユーロ未満の収入があるミニジョバーは給料の3、9パーセントを負担すれば年金加入ができる。3、9パーセントというと月450ユーロの収入で17、55ユーロ(約2100円)に値する。年金加入は拒否することもできるが、この新規定は長期のミニジョバーにとっては将来の良い保障でもあるだろう。

 

<追記> 450ユーロの価値

 日本円に換算して約55千円の収入は決して多くはない。だが、幸いドイツの暮らしは日本ほど高くつかない。ドイツで月450ユーロあればできることをまとめた。

  • 家賃 ワンルームアパートやルームシェア(WG)の家賃、うまくいけば光熱費も支払える。ただし大都市の中心部でこの条件に見合った部屋を見つけるのは難しい。
  • 食費 外食の頻度によるが1か月分の食費にはおつりが出るほど十分足りるだろう。
  • 学費 州や大学によるが、学費がかかる大学はまだ存在する。国立大学なら学費は1学期につき300~500ユーロが相場。私立大学は月300~500ユーロと高めだが、アルバイト代で支払うことは無理ではない。
  • 社会保険 ミニジョブをしながらフリーランスでも仕事をしている人はアルバイト代で社会保険(健康保険、年金、失業保険、介護保険)がまかなえる。(注:社会保険の支払金額には契約によって個人差が発する。)
  • 旅行 贅沢はできないが、格安航空会社やユースホステルに頼ってプチ旅行に出かけられる。

(注:全て大人一人に足りるように推測している。)