アルバイトに関する新しい規定

2013年3月20日

 

ミニジョブ(Minijob)はドイツで所得税が課税されないアルバイトのことを指す。主に学生でミニジョブをしている人はごまんといる。企業の正社員でも夜に飲食店でミニジョブをこなし、生活の足しにしているケースがある。

日本では年間103万円以上稼がない限りアルバイトとして課税をする必要はない。ドイツでは月450ユーロ(約55、000円)未満の収入が非課税の条件だ。2012年までは400ユーロだったのが、2013年から450ユーロに上がった。そして1年の雇用期間のうち2か月間は450ユーロ以上稼ぐことが許される。例えば同僚が入院をした際に代理で多めに働けるということだ。

ミニジョバー(Minijobber。ミニジョブをする人。)の存在は企業にとってはありがたい。しかし政府にとってはミニジョバーが正社員と違って、年金に加入していないのが長年の問題だった。それがミニジョブ代の値上がりと共に2013年1月1日から変わったのである。一か月に401ユーロ以上450ユーロ未満の収入があるミニジョバーは給料の3、9パーセントを負担すれば年金加入ができる。3、9パーセントというと月450ユーロの収入で17、55ユーロ(約2100円)に値する。年金加入は拒否することもできるが、この新規定は長期のミニジョバーにとっては将来の良い保障でもあるだろう。

 

<追記> 450ユーロの価値

 日本円に換算して約55千円の収入は決して多くはない。だが、幸いドイツの暮らしは日本ほど高くつかない。ドイツで月450ユーロあればできることをまとめた。

  • 家賃 ワンルームアパートやルームシェア(WG)の家賃、うまくいけば光熱費も支払える。ただし大都市の中心部でこの条件に見合った部屋を見つけるのは難しい。
  • 食費 外食の頻度によるが1か月分の食費にはおつりが出るほど十分足りるだろう。
  • 学費 州や大学によるが、学費がかかる大学はまだ存在する。国立大学なら学費は1学期につき300~500ユーロが相場。私立大学は月300~500ユーロと高めだが、アルバイト代で支払うことは無理ではない。
  • 社会保険 ミニジョブをしながらフリーランスでも仕事をしている人はアルバイト代で社会保険(健康保険、年金、失業保険、介護保険)がまかなえる。(注:社会保険の支払金額には契約によって個人差が発する。)
  • 旅行 贅沢はできないが、格安航空会社やユースホステルに頼ってプチ旅行に出かけられる。

(注:全て大人一人に足りるように推測している。)

 

Write a comment

Comments: 8
  • #1

    しまこ (Wednesday, 11 December 2013 03:55)

    ミニジョブで毎月450€をもらっていますが、残業時間がたまっているので1か月分を450€以外にもらうことが可能ということでしょうか?会社の会計には、それは出来ないと(かなり天引きされる)といわれていますが。教えていただけたら助かります。

  • #2

    handmadelife1 (Wednesday, 11 December 2013 20:54)

    しまこさん、コメントありがとうございます。450ユーロ以上稼いだ場合、会社側はしまこさんの社会保険料を負担する義務があります。しかし、全額負担ではなく、半分はしまこさんのお給料から支払うことになります。残業代を天引きなしで支払ってもらいたい場合は、例えば残業した分だけ来月のしまこさんの労働時間を減らす、などという工夫をするしかないと思います。または、残業代を現金で支払ってもらうこともできますが、税理士との問題を避けるために会社側が拒否する可能性があります。

  • #3

    ふぁご (Saturday, 01 November 2014 21:40)

    一つ質問させてください。これからminijobで働こうと思っているのですが、450ユーロまでというのは1つのアルバイトでの上限でしょうか?たとえば2つminijobをしてそれぞれ300ユーロずつ、計600ユーロとなった場合は保険料や課税に関してはどうなるのでしょうか?アドバイスをいただけましたら幸いです。よろしくお願いいたします。

  • #4

    handmadelife1 (Sunday, 02 November 2014 06:35)

    ふぁごさん、
    残念ながら2つミニジョブをし、450ユーロ以上稼ぐことはできません。その場合、どちらかの職場の契約を変更する必要がございますし、課税・保険加入する必要もあります。
    ミニジョブを掛け持ちすること自体は許されていますが、月収の合計金額は450ユーロを超えないようにしてください。

  • #5

    Ryo (Saturday, 15 November 2014 21:59)

    アルバイトを複数掛け持ちし、ミニジョブの枠を超える場合について質問です。アルバイトを3つ掛け持ちし各所で月200ユーロ、合計600ユーロの収入となった場合の課税・保険加入はどれくらいの額になるのでしょうか?また雇用者側にはどのような割合でどのような負担が生じるのでしょうか?お教え頂けると幸いです。

  • #6

    かめか (Wednesday, 17 December 2014 17:32)

    ハンドメイドさん、私もミニジョバーで、社会保険に加入しています。
    来年から1つのアルバイトに加えてもう一つアルバイトを増やすよていですが、
    ミニジョブの範囲内の収入の場合、1つ目のアルバイト先で社会保険を支払い、2つ目のアルバイト先では社会保険にもう入っているという旨を伝えれば、よいでしょうか?
    教えて頂けるとありがたく存じます。

  • #7

    こころ (Friday, 19 December 2014 02:17)

    ミニジョブ上限450ユーロ以外に交通費(定期代)も非課税でプラスもらうことはできますか。
    その場合雇用主も交通費を実費でプラス払うのみで税金など掛かりませんか。
    教えて頂ければ助かります。

  • #8

    KANa (Monday, 11 January 2016 16:32)

    夫の駐在でドイツに来ました。現在夫の扶養で年金や社会保険に入っています。ミニジョブ制度を知り、働ける場所も見つかりましたが、確定申告や社会保障制度が無知で困っています。夫の扶養に入ったまま、申告不要は可能でしょうか。教えてください。

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー

Mon

05

Jun

2017

地域のデリカテッセン ハンブルグのラプスカウス

先月、出張でハンブルグに行ってきました。これを機に人生で2回目のラプスカウス(Labskaus)を食べに行きました。

Read More