ベルリーナーは言いたい放題?!

先週、お仕事でベルリンに行って来ました。

出張ではいつも街をゆっくり見る時間はないのですが、地下鉄などで人間ウォッチングを楽しんでいます。それはベルリーナーはミュンヘナーに比べて、自由と言いますか、うるさいと言いますか、見ていて飽きないからです(笑)

 

ある晩の地下鉄での出来事。車内はとても空いていて、2人分の席にドカーンと座っているホームレスっぽいおじさんがいました。片手にはビール。足元には大きな犬。

 

そうすると5メートルほど離れた席からもう一人の似た身なりのおじさんが

「おーい!ひさしぶり~!こっちに座らないか~?」

とそのおじさんに大声で問いかけてきました。

(私の席位置をいうと、この二人のおじさんの間です。私しかいませんでした。)

 

「おーい!元気か~?でもいいよー!この席、居心地がいいんだー!」と叫び返すおじさん。

え、知り合いに会ったのに、座らないの?

ほぼ全ての席が空いているのに、もうちょっと近くに座ろうとしないの?

とおじさん同士の友情の薄さを感じながら、ホームレス(っぽい。違っていたらすみません。)が電車に乗ること自体、ミュンヘンでは見ないし、「この街の人は無理にホームレスを社会から引き離そうとしないんだな」と感動、同時におじさん達の変な会話にプッと笑えたのでした。

 

次のエピソードはバス停で起きた事です。

雨が降っていた日で、私を含め15人ほどバス停の下で雨宿りをしながらバスを待っていました。

すると、ぎゅうぎゅう詰めの買い物袋を両手に下げた50代のおばさんがやって来ました。

しかも、大声で賛美歌を歌いながら。即座にある男性が「うるせーよ!」と文句を言いました。

そうしたら、おばさんは挑発するように更に声をあげ、歌い続けました。仕舞いには足踏みをしながら「Jesus Christ!Jesus Christ!」(=イエス・キリスト)とずっと叫び続けたのです。おじさんも諦めて、無言になり、おばさんの声だけが響いていました。おばさんから勇気をもらったのか、私の横に立っている別のおばさんまで意味が分からない独り言をつぶやき始め、

私は「ベルリーナーは言いたい放題だな・・・」と悟ったのでした。

 

公共の場で好き勝手に発言するって、凄いなー!とつくづく思います。ベルリーナーは変わっているのか、素直に生きたいだけなのか。私のベルリーナー・ウォッチングは続きます!

来週はベルリン地下のプラットホームにあるおにぎり屋さんを紹介しま~す!
来週はベルリン地下のプラットホームにあるおにぎり屋さんを紹介しま~す!

Write a comment

Comments: 0

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー

Mon

05

Jun

2017

地域のデリカテッセン ハンブルグのラプスカウス

先月、出張でハンブルグに行ってきました。これを機に人生で2回目のラプスカウス(Labskaus)を食べに行きました。

Read More