3月の「地域のデリカテッセン」

まだまだ雪が降る3月。でも体を温めるために飲むスープにはそろそろ飽きました(苦笑)最近、去年の春に行ったブレーメン旅行を思い出すことが多いので、ブレーメンの郷土料理をご紹介します!

一見、ハンバーグに見えるクニップ(Knipp)です。この料理には色々な材料(豚肉、牛レバー、ひき割り麦、香辛料などレストラン・製造社によって違いあり)が含まれています。ジューシー&スパイシーでおいしいです!しかし脂っこいので、画像のようにジャガイモなど味が薄いものを添えて食べた方が良いです(苦笑)

 

クニップ自体は缶詰で買うこともできるので、わざわざハンバーグ型にしなくても家で食べることができます。

 

ちなみに私がこのクニップを食べたのはブレーメン、シュノア地区(Schnoorviertel)にあるTeestübchen im Schnoorという木組みの家のレストランです。紅茶が売りのカフェですが、ケーキもご飯もおいしい!ブレーメン滞在中に2回も行ったほど気に入りました。クニップはジャガイモと季節の添え物付きで14,90ユーロします。


クリスマスの名物 レシピ付き!チョコブレッドとナッツクッキー

皆さんはドイツ人がクリスマス前になるとクッキー作りを始めることをご存知でしょうか?Weihnachtsplätzchen(ヴァイナハトプレツヒェン)という総称で様々なクッキーが販売されるだけでなく、家庭でも作られるのです。

Read More