9月の「地域のデリカテッセン」

今月はオクトーバーフェストでミュンヘンを訪れる方も多いはず。オクトーバーフェストでの食事はこちらで紹介しているので、ブログではあえてミュンヘンで食べられる別の物を紹介いたします。

その名はドイツ風ドーナツとも揚げパンともいえるアウスゲツォーゲネ(Ausgezogene)です!

©flickr/Matthew Kubler
©flickr/Matthew Kubler

ミュンヘン名物ではなく、南ドイツ、テューリンゲン州、そしてオーストリアで食べられる菓子パン。名前もお店によってアウスゲツォーゲネと書かれていたり、シュマルツヌーデル(Schmalznudel)とも表記されていることがあります。

 

さて、このパンにはドーナツのようなモチモチ感があり、シュガーパウダーやシナモン入り砂糖などをかけて食べるのが定番。シンプルな味ですが、油を使ったお菓子はやはりおいしいですね(笑)

 

ミュンヘン市内では駅内のパン屋でも売られているけれど、私のおすすめはやはり揚げたて!暖かいまま食べるアウツゲツォーゲネの方が冷めてしまったものより断然おいしいです!

 

それでは一体揚げたてのアウスゲツォーゲネはどこで手に入るのか。ミュンヘン中心街、ヴィクトアリエン市場のすぐ近くにアウツゲツォーゲネ、失礼、そこではシュマルツヌーデルといいます、の専門店があります。

ぜひ寄ってみてください!

 

Cafe Frischhut

Praelat-Zistl-Str. 8

80331 München

開店日:月~土 8:00~18:00

 

天気が良い日には店頭ではなく、店内をくぐり抜け、中庭のテラスで食べることをお勧めします。席数が多くない分、静かに食事を楽しめますよ♪(店頭から中庭は見えないため、意外に穴場。)

こちらは店頭の画像。 ©flickr/sanfamedia.com
こちらは店頭の画像。 ©flickr/sanfamedia.com

クリスマスの名物 レシピ付き!チョコブレッドとナッツクッキー

皆さんはドイツ人がクリスマス前になるとクッキー作りを始めることをご存知でしょうか?Weihnachtsplätzchen(ヴァイナハトプレツヒェン)という総称で様々なクッキーが販売されるだけでなく、家庭でも作られるのです。

Read More