3月の「地域のデリカテッセン」

南ドイツやオーストリアの料理屋で必ずといってもいいほどあるメニューとは?

ボリュームたっぷりの肉料理だから、なかなか注文することはないのですがこの前、

とてつもなくお肉にかぶりつきたい気分だったので頼みました!Zwiebelrostbraten!

 

©Flickr/Scott Ashkenaz
©Flickr/Scott Ashkenaz

「ツヴィーベルローストブラーテン」と言うこの料理はその名の通り、ツヴィーベル(玉ねぎ)とローストブラーテン(ローストビーフ)を特製ソースと合わせた一品。ソースには赤ワインや子牛のフォーを使います。玉ねぎはカリカリに焼いてローストビーフに盛り付けるのが一般的。

柔らかいステーキとカリっとした玉ねぎの相性が最高です。ソースもお店によって味は違いますが、濃厚でおいしいです。

 

注文する際、お肉の焼き加減を聞かれたら、英語でも通じますが、こう答えてくださいね☆

レア blutig

メディアム medium 又は halb durchgebraten

ウェル durchgebraten

(細かい段階は省きます。笑) 

 

また、これは地域によりますが、バイエルン州やオーストリアでは焼きじゃがいも(Bratkartoffeln)、バーデン・ヴュルテンベルグ州ではシュペッツレ(ドイツ風ニョッキ)、更に南ドイツ国境沿いのアルゴイ地方ではチーズを使用したケーゼシュペッツレを添えて食べます。

 

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー

Mon

05

Jun

2017

地域のデリカテッセン ハンブルグのラプスカウス

先月、出張でハンブルグに行ってきました。これを機に人生で2回目のラプスカウス(Labskaus)を食べに行きました。

Read More