娘が海外で国際結婚?親として知っておきたい欧米流の交際方法

  数か月前にベルギー人男性と結婚した高校の友人が我が家に遊びに来ました。友人はアメリカで大学を卒業、その後も残って就職。2年前にベルギーに移住し、現在夫婦で仲良く暮らしています。私との再会は10年前に遡るので、二人の馴れ初めについて色々聞いていると、自然と彼女の父親の話が出ました。

©Unsplash/Tom The Photographer
©Unsplash/Tom The Photographer

 「(舅と)初めて会ったのは東京のホテルのレストランで、ビジネスミーティングみたいだった」と話すベルギー人夫。「私の父親はとても伝統的だからね」と頷く日本人妻。聞けば、その時は結婚の話はまだなく、恋人として紹介をしたのですが、初対面から実家に泊まることはできず、彼は東京にいる知り合いのところに泊まっていたのだと。「ビジネスミーティング」の後、緊張が解けたせいか彼は一人で飲みに行きました。友人の父親は元々留学にも強く反対していたので、外国人の恋人を受け入れることはもっときつかったのでしょうね。

 

 実はこのような日本人女性と外国人男性(主に欧米人)の苦労話を聞くのは初めてではありません。例えば、オーストリア人と結婚したある日本人女性は父親に夫の悪口(「ハゲ」など)を言われっぱなしで、ようやく妊娠してから落ち着いてくれた、と話していました。また、別の友人はイギリス人の恋人の子を授かった後、恋人宛てに両親から文句の手紙が届き、結婚式前に彼の履歴書を提供しなければなりませんでした。

 

 このような行いは遠い日本にいる親からしたら当たり前なのかもしれません。大事な娘が帰国することを辞め、海外で外国人と共に家庭を築くのは確かに寂しい話でもあります。結婚までいかずとも、中には留学さえ認めてくれない親もいますよね。また、日本に戻ってくるのが条件で承認してくれるケースも聞いたことがあります。いづれにしても日本人の親の心配と厳しさは結婚相手(外国人側)の悩みでもあり、理解に苦しむ点もあります。なぜかというと欧米では付き合いから結婚までの流れも、恋人の親との付き合い方も日本と違うからです。具体的に言いますと・・・

・結婚前の同棲は当たり前。

・事実婚は普通。結婚せずに10年一緒にいるカップルはたくさんいる。

・(結婚の話がなくても)付き合って数か月で恋人の両親と知り合うのは普通。結婚していなくてもクリスマスなどの家族行事を一緒に過ごすことがある。

・相手の両親は名前で呼ぶのが普通。(国や家族によっては結婚後に「お父さん・お母さん」と呼びますが。)仲良くなったら敬語を使わなくても良い。

・恋人の実家に泊まる場合、恋人と同じベッドで寝るのが普通。

・結納など、家族同士の儀式はない。結婚が決まったら親に報告だけする。

・(結婚の話がなくても)双方の両親と一緒に食事などをすることもある。

(注:あくまで18歳以上のカップルの「一般的な」交際方法です。)

 

 上記の交際方法に馴染みがある欧米人から見ると、日本人がわざわざホテルのレストランで待ち合わせることや履歴書を提出するという話は非常に保守的に思われます。「大事な子供のことなんだ!保守的で何が悪い!」と怒られてしまいそうですが、もし娘の交際相手がとても緊張していたり、驚いた表情をしたら、自国と日本との違いに戸惑っているのだと理解してあげてください。

 

 他人の体験談を綴ってきましたが、そんな私も国際結婚をした者。ドイツ人と3年前に結婚した私の場合はどうだったかというと・・・母は毎年ドイツに来てくれるので彼とは何度も面識があったのですが、父は結婚前に私たちのマンションに来るのにためらいがあったそうです。さすがに結婚式の直前に紹介するのは厳しいと考え、結婚する9か月前に彼を連れて一時帰国しました。父と彼は普通に打ち解けていましたが、意外にも口を挟んできたのは母の方。「F(彼)の方からお父さんにちゃんと結婚の許しを取るようにしてね」と何度も言われました。「娘を僕にください」なんていう台詞をドイツ人に求めるのはきつすぎる!正直私の彼も戸惑っていて、「え、なんでそんなこと…それになんて言えばいいのさ」と幾度も言われました。そもそも、欧米人にとって結婚とは家族ぐるみではなく、個人間でするもの。親との相談や話し合いなんて初めから存在しないのです(超上流階級では大いに存在するでしょうが)。結局、ドイツに戻る日の朝食中に彼がなんとか話を持ち出しました。しかしそれが英語ではなくドイツ語!私が彼の意志を通訳するという変な場面になってしまいました。父の方も少しびっくりし、「私からとやかく言うことはありませんので、どうぞご自由に」のようなことを言い(詳細は忘れました)、その場は収まり、何より母の機嫌も治まったのでした。

 

 国際結婚をする夫婦は誰でも親との変なバトルがあるのでしょうかね。色々な珍体験をまとめた本があればおもしろいのに、と思ってしまいます(笑)