©Unsplash/rawpixel
©Unsplash/rawpixel

ドイツ語のビジネス講座

 

ありがたいことにドイツ語の言い回しや口語表現を紹介する「ドイツ語の裏技講座」が好評なため、2019年から新しい連載を始めることにいたしました。名付けて「ドイツ語のビジネス講座」。一言で言えば、ビジネスドイツ語のコーナーになります。しかし、メールの書き方などを学ぶのではなく、業種を問わず、上司・同僚・顧客などとの会話で使える単語や表現を例文と共に取り上げます。

 

<内容につきまして>

・毎回一つのテーマを取り上げます。

・例文はすべて丁寧語(Sie)で作成されています。ただ、ドイツ企業では上下関係を気にせずduで呼び合う風習があることも念頭に置いてください。

・会話例で登場するFFrage(質問)、AAntwort(返事)を意味します。

・<お役立ち単語>では例文で登場した覚えておきたい単語をまとめています。

 

普段仕事でドイツ語を使っていらっしゃる方。「こんなことを言ってみたいが、上手く言葉にできない」などお悩みでしたら、お問い合わせフォームからご連絡ください。また、更新は不定期なので、報告を受けたい方は、ぜひ当サイトのフェイスブックツイッターをフォロー下さい。

 

Nr.1 仕事を頼みたい相手に手が空いているか聞きたい

 

直球な聞き方は

Haben Sie gerade Zeit?

(今、時間ありますか?)

 

もう少し様子を伺って尋ねたいのなら、

Sind Sie gerade eingespannt?

(今、お取り込み中ですか?)

Haben Sie noch Kapazitäten diese Aufgabe zu erledigen?

(この課題をこなすキャパシティはありますか?)

と聞くとより丁寧になります。

 

会話例:

F: Haben Sie gerade Zeit?

A: In einer halben Stunde wäre ich mit der jetzigen Aufgabe fertig.

30分後に今のタスクが終わります。)

 

F: Sind Sie gerade eingespannt?

A: Leider ja. Meine To do-Liste ist sehr lang.

(はい、残念ながら。私のトゥドゥーリストは長いです。)

 

F: Haben Sie noch Kapazitäten diese Aufgabe zu erledigen?

A: Heute nicht mehr, aber morgen hätte ich Zeit. Um was geht es denn?

(今日はもう無理ですが、明日なら時間があります。何についてですか?)

 

<お役立ち単語>

einspannen    仕事に駆り出す、動員する

die Kapazität

容量、(仕事においては余裕とも言えます)

die To do-Liste

やるべきことを羅列したリスト(ドイツ語と英語を掛けた単語)