©Unsplash/rawpixel
©Unsplash/rawpixel

ドイツ語のビジネス講座

 

ありがたいことにドイツ語の言い回しや口語表現を紹介する「ドイツ語の裏技講座」が好評なため、2019年から新しい連載を始めることにいたしました。名付けて「ドイツ語のビジネス講座」。一言で言えば、ビジネスドイツ語のコーナーになります。しかし、メールの書き方などを学ぶのではなく、業種を問わず、上司・同僚・顧客などとの会話で使える単語や表現を例文と共に取り上げます。

 

<内容につきまして>

・毎回一つのテーマを取り上げます。

・例文はすべて丁寧語(Sie)で作成されています。ただ、ドイツ企業では上下関係を気にせずduで呼び合う風習があることも念頭に置いてください。

・会話例で登場するFFrage(質問)、AAntwort(返事)を意味します。

・<お役立ち単語>では例文で登場した覚えておきたい単語をまとめています。

 

普段仕事でドイツ語を使っていらっしゃる方。「こんなことを言ってみたいが、上手く言葉にできない」などお悩みでしたら、お問い合わせフォームからご連絡ください。また、更新は不定期なので、報告を受けたい方は、ぜひ当サイトのフェイスブックツイッターをフォロー下さい。

 

Nr.3 反対の意思表明

 

前回は賛成の意思表明を取り上げました。今回は逆に相手の提案やアイディアを疑問に思い、賛同できない場合の表現方法を学びましょう。

単刀直入に”Ich finde diese Idee schlecht.“(このアイディアは悪いと思います)と言うよりも、相手を傷つけない言い方をするドイツ人は多いです。(裏で他人をストレートに批判する人もいますが。苦笑)

 

まずは簡単に誰かと打合せの日程を決めるシーンから。

 

A: Haben Sie diesen Dienstag Zeit?(この火曜日はお時間ございますか?)

B: Leider nein. Wie wäre es am Mittwochvormittag?(残念ながらございません。水曜日の午前中はいかがでしょうか。)

A: Das kann ich nicht wahrnehmen. Ich bin den ganzen Tag unterwegs.(それは承諾できません。その日は一日中、外出しています。)

   

"Leider nein."は「残念ながらいいえ」ということですが、丁寧な断わり方です。文内にleider(残念ながら)が入ると自然に申し訳なさが伝わります。

"Das kann ich nicht wahrnehmen."のwahrnehmenの意味は下の<お役立ち単語>で説明します。予定の話でよく利用される単語なので、ぜひ使ってみてください。

 

それでは別のシーンに移りましょう。

例えば、顧客にあるサービスを提案したくプレゼンテーションを用意するとします。上司が部下が書きまとめた資料を見て、いくつかの変更点(批判)を言います。

 

A: Die Präsentation ist gut strukturiert. Aber der Punkt 2 ist zu schwach. Wir brauchen mehr aussagekräftige Argumente.

(このプレゼンテーションはよく構成されている。でも2点目は弱すぎる。もっと説得力のある主張が必要だ。)

 

B: Ich finde das genannte Budget zu knapp und unrealistisch.

(記述されている予算はぎりぎりで非現実的だと思う。)

 

C: Ich glaube Sie haben das Service, das wir anbieten möchten, nicht ganz verstanden. Die Punkte 2 und 3 müssen komplett überarbeitet werden.

(君は私達が提案したいサービスをしっかり理解していないだろう。2点と3点は全て書き直さないといけない。)

 

各例文の説明:

A:初めに全体のプレゼンテーションを褒め、その後に変更点を述べます。Schwach(弱い)とstark(強い)は内容の説得力を示すためによく使われる形容詞です。

 

B:Knapp(ぎりぎり)はお金、時間、人数等が足りない時に使います。

 

C:3つの意見の中で一番きつい言い方です。Sie haben X nicht verstanden(あなたはXを理解していない)は言わば勉強不足ということですね。Komplett (全て、完全に)直さないといけないと強調しているのも不満を表しています。

 

<お役立ち単語> 

wahrnehmen

知覚する、気づく。Den Termin wahrnehmen は約束の日程を承諾するという意味          

aussagekräftig

説得力のある

knapp

ぎりぎり、かろうじて

unrealistisch

非現実的

komplett überarbeiten

全てやり直す


Nr.2   賛成の意思表明

 

相手の提案やアイディアを良いと思い、同意する表現方法は色々あります。

まずは簡単な表現から。とにかく賛同している場合に使えます。

 

Ich finde Ihre Idee (sehr) gut.

(あなたのアイディアは(とても)良いと思います。)

 

賛同するが、まだ疑問点も残るのならば・・・

 

Grundsätzlich bin ich damit einverstanden. Aber über X sollten wir noch sprechen.

(基本的に同意します。しかし、Xについてはまだ話し合うべきです。)

(*Xには例えば期限や予算が当てはまります。Grundsätzlichの他に、im Prinzipもしくはprinzipiellも使えます。)

 

他にも状況に応じて、このように賛成の意思を表せます。

Ihren Vorschlag halte ich für realistisch/machbar.

(あなたの提案は現実的/実現可能と見なします。)

 

Wir machen es so, wie Sie vorgeschlagen haben.

(あなたの提案通りに行いましょう。)

 

 

<お役立ち単語>

grundsätzlich/im Prinzip/prinzipiell

基本的に                    

für X halten

 Xだと見なす(X=形容詞)

realistisch

現実的

machbar

(することが)できる、実現可能


Nr.1 仕事を頼みたい相手に手が空いているか聞きたい

 

直球な聞き方は

Haben Sie gerade Zeit?

(今、時間ありますか?)

 

もう少し様子を伺って尋ねたいのなら、

Sind Sie gerade eingespannt?

(今、お取り込み中ですか?)

Haben Sie noch Kapazitäten diese Aufgabe zu erledigen?

(この課題をこなすキャパシティはありますか?)

と聞くとより丁寧になります。

 

会話例:

F: Haben Sie gerade Zeit?

A: In einer halben Stunde wäre ich mit der jetzigen Aufgabe fertig.

30分後に今のタスクが終わります。)

 

F: Sind Sie gerade eingespannt?

A: Leider ja. Meine To do-Liste ist sehr lang.

(はい、残念ながら。私のトゥドゥーリストは長いです。)

 

F: Haben Sie noch Kapazitäten diese Aufgabe zu erledigen?

A: Heute nicht mehr, aber morgen hätte ich Zeit. Um was geht es denn?

(今日はもう無理ですが、明日なら時間があります。何についてですか?)

 

<お役立ち単語>

einspannen    仕事に駆り出す、動員する

die Kapazität

容量、(仕事においては余裕とも言えます)

die To do-Liste

やるべきことを羅列したリスト(ドイツ語と英語を掛けた単語)