地域のデリカテッセン ハンブルグのラプスカウス

先月、出張でハンブルグに行ってきました。これを機に人生で2回目のラプスカウス(Labskaus)を食べに行きました。

私は長年、ハンブルグの名物は魚料理だと思い込んでいたのですが、ラプスカウスのお皿にはニシンの塩漬けが盛ってあるものの、ラプスカウス自体はコンビーフとジャガイモでできているのですね(笑)更に赤いビーツ、ピクルス、半熟目玉焼きも同じお皿に置かれるので、いろんな味を楽しめられるプレートになっています。

ラプスカウスそのものはとても柔らかい食感で、お肉の味がほとんどしません。病気の時にお粥代わりに食べても良いぐらい優しい味で食べやすいです。皆さんもぜひハンブルグや北ドイツに行かれた際に試してみてください!

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー

Mon

05

Jun

2017

地域のデリカテッセン ハンブルグのラプスカウス

先月、出張でハンブルグに行ってきました。これを機に人生で2回目のラプスカウス(Labskaus)を食べに行きました。

Read More